フリーランスのサイト制作のデメリット

サポート体制が期待できない

フリーランスにサイト作成を依頼した場合、サポート体制が手厚いことはまずありません。特に副業で手掛けている場合作業完了と同時に案件を手放したいと考えている人がほとんどです。そもそもサポートする気がない人もいる点には注意が必要です。また、フリーランスはその制作を一人で担っていることがほとんどです。そのため、万が一お願いした相手が怪我や病気などになってしまったら、作業が滞ってしまいます。一方で、相場は高いものの、制作会社に依頼した場合そのような事態に陥ることはまずありえません。ディレクターやデザイナーなど、複数のメンバーでチームを組んでその制作にあたるのが一般的で別のメンバーに業務が引き継げる体制が整っているためです。予定が少し遅れることはあっても作業が止まってしまうことはありません。

出来上がりの品質が保証されていない

フリーランスで活躍している人の経歴はさまざまです。制作会社で実務経験を重ねた実績のある人もいれば、趣味の延長線の軽い感覚でサイト作成を請け負っている人もいます。そのため、依頼する相手によって技術や知識に大きな差があります。そしてそれゆえに、完成するサイトの質にも大きな違いが生じる可能性がある点には注意が必要です。場合によっては想定外の低品質なサイトが納品されることも十分ありえます。そのようなトラブルに見舞われないためにも、フリーランスの人に依頼する場合、これまでの実績をしっかり確認するのがおすすめです。少し手間になりますが、過去作ったサイトのURLを聞いたり得意なジャンルを確認してから依頼すると確実です。

採用サイト制作に必要なことは、採用数と必要なスキルを必ず明記します。サイトは見た目が重要ですので、文字ははっきりとした色を使います。